Skip to content

ノベルティを販促目的で使用する場合

ノベルティグッズを販売促進のために作る場合は、メーカーやお店は同じ種類の商品を選ぶときに、自社の商品を選択してもらうためにグッズを付けたりします。

しかし、購入者はノベルティグッズが付いているかは、商品を購入するための決め手になることはそれほど多くはありません。同じ店で同じ商品を購入するときに、B社の商品は1000円で、C社の商品が2000円だとします。

そのときに、C社の商品の方にノベルティグッズが付いていても、そのグッズがよほど欲しくない限りは価格が高いC社の商品を購入することは殆どありません。購入者にとって、付属しているグッズよりもやはり商品の価格を最も重視します。他社と差別化するために、グッズを付けるのも一つの方法ですが、それは他の商品とそれほど価格が変らず性能などに差がない場合などに限られるといえます。

効果を高めるためには、同じような商品の購入を促すための後押しをすることです。同じ商品を販売しているA社を購入しようとしている人が、自社の製品と迷っているときに、グッズが付いていれば購入する可能性はあります。更に、グッズが付くのが限定されていて、後からだとなくなってしまうとなると購入してもらえるかもしれません。

ノベルティグッズは、顧客にお得感や満足感を与えるものです。だからといって、必ずしも購買に繋がるとは限りません。そのため、少しでも購買意欲を高めるためには、様々な戦略が必要になってきます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *