Skip to content

ノベルティグッズの使い方

ノベルティグッズは、ただやみくもに配布するものではなく、販売したい商品や宣伝したい広告、またはサービスによって変えていく必要があります。

配布する場所や状況、季節、ターゲット層などによってどのノベルティグッズを使うかは違います。単純に配るのではなくて、受け取った人が満足できるような品を選ばなければなりません。ノベルティグッズを使うときには、顧客が満足してくれて、企業やお店の商品のイメージを上げることも目的の一つです。

人気が高いグッズは、メーカーのロゴが入ったグラスやメモ帳、マグカップやTシャツ、その場所でしか配布されないアクセサリーやバッグなど限定品です。グッズ自体に、価値を付けることで購入者やサービスを契約す人にとってお得感も与えてくれます。他にも、値引きの方法として即決させるために活用することも出来ます。

グッズ自体の単価は高額にして、本当なら他に購入しなければならないものを付けると、顧客は割引感を感じて購入する可能性が高まります。効果的なグッズの使い方は、今日だけ購入することで手に入ること、顧客一人にだけという特別感、購入商品と販促品との間に関連性を持たせることです。

限定的で、割引感があり、自分一人だけという特別な扱いを受けた時、顧客の心は動きやすいです。費用をかけてノベルティは作るものですから、適切に効果のある使い方をしていくのは大切です。うまくいけば、少ない費用のグッズでも、目的以上の効果を得ることも可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *