Skip to content

ノベルティの名入れをするときの主な流れ

ノベルティを作るときには、一般的に企業名や商品名を入れます。

名入れを希望してオリジナルのノベルティを作る場合は、主に次のような流れになります。最初に作りたいアイテムを選んで、見積もりを依頼します。この時に、大体の費用などもわかるので確認しておきます。次に、デザインがある場合は、デザインをデータで送付します。データのファイル形式は業者によって違いますし、デザインが出来ない場合でも専属のデザイナーなどがいて、依頼することも可能です。デザインを送付したあとは、商品の制作を開始します。

制作するときにはデザインの再確認がありますが、出来れば同じアイテムのサンプル品などを発注前に取り寄せて、品質などを確かめておいた方が安心出来ます。制作が開始後または、開始前に、支払い方法や納期など担当者を相談します。これは、業者によって異なってくるので最初に問い合わせた方がよいです。ノベルティには、有料で包装やのし掛けを行ってくれる業者もあります。記念品や贈答品などの場合は、手間が省けるので便利です。

出来上がったアイテムは、指定した倉庫や会場、または贈り先へ納品など出来ます。こちらも時期によって、遅れることもあるので事前に確認した方がよいです。また、商品が届いたあとは数量や名入れの文字やロゴの印刷状態、破損など必ず確認しておきましょう。不良品の場合は、業者に問い合わせることで返品が可能です。時間が経過してしまうと返品の対応をしてくれないので、必ず届いて直ぐに確認しましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *