Skip to content

ノベルティを制作する際に注意する事

新製品の発表会やセミナーの集客の為にノベルティを利用する企業は少なくありません。

ノベルティは効果的に利用することで商品の認知度や集客力を上げることができますが、最終的に売り上げに結び付けるためには、更にもう一段上の注意が必要です。新製品の発表会にしてもセミナーにしても、企業が集めたいのは製品を購入するための決定権を持っている人、若しくは決定権を持っている人に対して意見を言うことができる人でしょう。直接購入に関わらない人がたくさん集まっても、それは正直売り上げに結びつかないか、かなり長い道のりになってしまうため、出来れば避けたいものです。

そのような人たちを排除し、実際に買ってくれる人を選ぶrためには、ノベルティを制作する際にもそのような人たちが喜ぶ様なものを制作することが効果的な集客に繋がります。例えば掃除機であれば、主として家事を行う人が見に来てくれないと直接的な売り上げにはつながりません。この際に子供が喜ぶ様なキャラクターグッズを制作しても、なかなか主婦層は見に来てくれないものです。

また、企業向けで有ればなおさら、キャラクターグッズなどではなく実際に業務に役立つメモ用紙などを制作するのが無難です。過去には各社がキャラクターを使用して様々な製品にイメージ戦略を行った時期があり、その際には多くのキャラクターグッズが制作されましたが、ノベルティ自身の人気が先行し製品は売れないという事が多かったものです。ノベルティを制作する目的は集客がゴールではなく、最終的に売り上げを向上させることが目的です。その為売り上げに繋がる様な客層を狙ったものを制作することが重要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *