Skip to content

ノベルティグッズを作るときの留意点です

企業やショップが商品の宣伝を目的に、イベントや買い物の来訪時などの場面で提供される記念品のことをノベルティグッズと呼んでいます。

企業名やブランド名が印刷されているのが通例です。グッズの内容にはカレンダーやボールペン、キーホルダーなどのように、実用品から記念品まで多岐にわたっています。

よくプレミアムと混同されがちですが、両者には明確な相違点があるのです。ノベルティグッズは販売促進の目的のために無料配布する記念品に当たります。

片やプレミアムは商品を買ってもらったりサービスを使ってもらったりするための特典の品のことを指します。調査機関がアンケートをとったところ、約7割の人が実用的な品を望むとの回答がありました。

具体的には、ボールペン、カレンダー、クリアファイルなどがもらってうれしい販促グッズランキングの上位に名を連ねていたのです。経費をかけてノベルティグッズを用意しても、タダでも要らないと思われたり、企業のイメージダウンにつながってしまったのでは話になりません。そのためにはターゲットを考慮して作ることが大事になってきます。

企業相手のビジネスと主婦を対象にしたビジネスとでは、配付するノベルティグッズの内容は変わってきて当然です。また利用シーンを意識して作る姿勢を忘れてはなりません。

外で使うのが多いノベルティグッズに目立つ形でロゴを印刷してしまうと受け取ったほうが使いにくいものです。家の中で使用するものであればデザイン性を気にすることなく、使ってもらえます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *