Skip to content

ノートをノベルティに使う販促の効果

紙製品で最も利用される文具がノートで、実用的な商品では幅広い年齢層で使われている商品です。

勉強や仕事など目的を選ばずに利用できる身近な商品がノートで、ノベルティの中でも利用頻度の高い商品のひとつです。ノートはその他の商品と比べて、企業名が入っているために利用することがむつかしいという商品ではなく、ノートとしての機能が備わっていれば十分に使われる商品です。数ある文房具の中でも、最も様式を着にされにくい商品といえます。自由に使えるノートは大人だけではなく、子供にとっても非常に便利な文房具です。

子供のいる家庭ではノートはたくさんあるほど便利で、勉強以外でもいろいろな用途に活用することできます。ノベルティ商品は販促効果を高めるために、名入れした部分の視認性を上げる必要があります。利用できるシーンや使われる年齢層が把握できる案件で利用すると効果が高まり、実際のイメージ通りの販促に利用することもできます。人の目に触れる機会がどれほど多くなるか、ということを考えるとポイントが見えてきます。

ノベルティとして考えた場合のノートは、非常に安価で大量に準備できることが特長です。仕入れ原価などを考えると販促目的に広範囲に配ることに適しており、どこでだれが使っても違和感なく利用でき、企業名など印刷された内容の認知率は広がります。企業名を覚えることは、製品を必要とされたときに知らないメーカーのものよりは見たことのあるメーカーに親近感を覚えます。家族で使える商品の優れた部分です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *