Skip to content

電子的なものもノベルティになる

ノベルティグッズといえばボールペンやポケットティッシュのようなものが思い浮かびますが、21世紀もかなり進みもはや物を配る時代ではなくなっています。

電子的なものが目立っており、いわゆるスタンプと呼ばれるものや電子ギフトなどがノベルティとして活用される時代を迎えており、特にスタンプは円滑なコミュニケーションを送るために必要なものと言われています。SNSで使えるものであり、若い人の間でもよく使われます。しかしながら、単に無料で配ったとしても誰もが使ってくれるものではないため、そのあたりの兼ね合いは必要です。

スタンプがノベルティとして有効なのは多くの若者が利用するようなサービスについてです。ネットと連動するような形がよく、そこで拡散をしてもらうことができます。質のいいスタンプがもし無料で手に入るとなれば、誰もがダウンロードをします。その過程で企業のことを知ってもらえればノベルティとしての効果は確実です。大事なことはスタンプを作ることで相乗効果が生まれるかどうかです。

どこの企業でもこれが成立するわけではないので、若い人に知ってほしい、親しみを持ってほしいなどの理由で作ることが求められます。電子ギフトなどももらってみると非常にうれしく、うまく活用することで実用性も増します。まだここに目をつける企業は少なく、早めに動き出せばチャンスです。しかも在庫コストなども全くかからないため、費用以上の効果が得られます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *